ヤマナシオサメ

(千坂)「てーへんだ!てーへんだ!」

 

(北出)「おいおい、一体どーしたって言うんでぇ、こんな朝っぱらから。料亭の朝支度で忙しいのに」

 

(千坂)「どーしたもこーしたもねぇ!てーへんなんだよ!」

 

(北出)「全く騒々しい。何か事件でも起きたのかい。」

 

(千坂)「さっきまでこの手に持ってた十手が、いつの間にかマイクに変わっちまってたんでい!」

 

(北出)「何ぃ!?マイク…ってのは一体何でぃ?」


(千坂)「よく分かんねぇんだが、こいつに向かって喋ると、声がバカでかくなるんでぇ。」

 

(北出)「いやぁ、本当にうるせぇ!こいつぁ参ったな!」

 

(千坂)「だろう?…おいおい、そういうおまいさん、何やってんでぃ?」

 

(北出)「いやぁな、さっきまで野菜を切ってたこのまな板が、いつの間にかピアノに変わっちまってたんでぇ。」

 

(千坂)「何ぃ!?ピアノ…ってのは一体何でぃ?」

 

(北出)「俺もよく分かんねぇんだが、押さえると音が出るんでぇ。」

 

(千坂)「こいつぁ参ったな。野菜が切れねぇじゃねぇか。」

 

(北出)「そうなんでぇ。切る度にうるさくてかなわねぇ。しかしそういうおまいさんも、悪党を退治できねぇじゃねえか。」

 

(千坂)「いやぁその通り、参った参った。こんなマイクじゃ悪党をこらしめらんねぇよ。」

 

(北出)「こりゃあ、お互い、転職するっきゃねぇかな…」


(千坂)「しかしこんな訳分かんねぇもので何ができるんでぇ」


(北出)「うーん…何にもできやしねぇな。」



(千坂)「おい、おまいさんのそのピアノとやら、何やら良い音色がするじゃねぇか。」


(北出)「そういうおまいさんのそのマイクとやら、皆に声が聞こえやすくなるじゃねぇか。」


(千坂)「こいつぁ一丁、一緒に何かやってみるか!」


(北出)「あぁ、こいつぁ江戸の町に新しい風を吹かせるにちげぇねぇ!」





こうしてソノライフが結成されてから早くも400年が経ちました。


文明も進化し、色々な人たちに恵まれた環境の中、


こうして日々演奏に励んでいるのであります。





さて、そんなこんなで、昨日はまた山梨県の


「かちかち山」と「道の駅かつやま」で演奏してきました。


もう大分寒くなってきたので、今年はこれで演奏納めです。


また来年の春から演奏したいと思います。






そんな中でも、


かつやまの駅長さんの小林さんには本当にお世話になりました。


本当にありがとうございます。


この写真の、


ソノライフとCHITTAに挟まれている方なのですが、


なんとか来年はいろいろ恩返しできるよう、


一層努力せにゃならんなと


思っている訳ですよ。








ちょっと早いですが、


2015年はまたパワーアップしますよ!