ソノライフの「新曲タイトル選挙」開催決定!

ピアノ&ボーカルユニット「ソノライフ」が現在制作中の新アルバムの収録曲の中の1曲のタイトルを投票形式で決定する「新曲タイトル選挙」を開催することが本日発表された。

新曲タイトル選挙は、2017年リリースのセカンドアルバム「素の生活(そのらいふ)」で行われて以来、2回目。この時は「この空を飛べたらなら」が選挙の結果、新曲タイトルとして選ばれることになった。

今回の新曲の歌詞は。以下の通り。

******************

あの雲の向こうから 色とりどりの花束が
舞い降ちている 両手広げて
手を叩こう 踊り明かそう
生まれた喜びの音は 空を越えて響き渡るよ

何が起きるかだなんて 
誰にも分かりゃしないから
嘆いてばかりいたんじゃ 枯れるだけ

そんな顔をしないで 君らしくはないから
今は心に水をあげましょう

そうさ 今ならばきっと
見過ごして来たような 小さな幸せも
きっと気がつくはずさ

ほら あの雲の向こうから 色とりどりの花束が
舞い降ちている 両手広げて
手を叩き 唄い続けよう
復た 嵐が襲っても 何度だって乗り越えるよ

雨が降らなければ
虹は出来やしないから
今は心の花を咲かせましょう

そうさ 今だからこそ
大切なもの ぎゅっと強く強く
抱きしめ

ほら あの雲の向こうから 色とりどりの唄声が
聞こえてくる 耳をすませば 
辛くても 悔しくても
顔上げ唄い続ければ 明日あたりはきっと 晴れるよ

手を叩こう 踊り明かそう
生まれた喜びの音は 次の街へ伝うよ ハレルヤ

******************

これまでのソノライフの歌詞の世界観を踏襲し、ソノラー(ソノライフを支持して下さる人たちの通称であるようです。)なら、思わずニヤリとするようなフレーズもところどころ見受けられる。

曲調としては、思わず手を振られずにはいられなくなる、アップテンポなロックチューンで、王道のJ-POPを貫く仕上がりとなている。

この歌詞に対して、現在4タイトルの候補が上がっている。
候補タイトルは次の通り。

「雨ときどき虹」「セブン・カラーズ・メロディー」「アクロス・ザ・レインボー」「ナナイロノオト」

以上のタイトルから、ソノライフオフィシャルサイト、Twitter、FacebookなどSNS上や、ソノライフオフィシャルメールマガジンなどで投票を行い、もっとも投票数を多かったものを新曲のタイトルとして採用する予定。

尚、採用された新曲タイトルへの投票者の中から、抽選で一名に、ソノライフのCDを贈呈する企画も実施。

ソノライフのVocalの千坂は「詩をじっくりと吟味して頂き、皆様が合うと思うタイトルを選んで欲しい」とコメントを寄せている。

投票期間は7月3日~7月10日まで。

結果はソノライフオフィシャルホームページにて発表予定。

 


sonolife beat reporter
ソノライフの番記者。風のようにやってきて取材をし、風のように去っていく。その為、素性はほとんど明らかになっていない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to top